ゲーラソディオリジナルDragon Warker九竜壁カバー表

竜は、中華民族のトーテムということで、春分の日に登って、秋分は淵に潜って、風を呼んで雨を呼ぶ。磁器、このような特殊で経典的な材質、中華古代の文化ひいては世界の芸術の中で長い間発光して発熱して、異なった磁器は各色の釉彩を誇張して、上品で俗っぽい。ドイツの至高工芸の代表として、ゲーラのソディは、ヨーロッパ最古の名磁器メissen梅森陶磁と共同で協力し、高い質感な素材で中国の伝統の竜の伝神を引き立たせている。

 
紫禁城皇極殿の前にある「九竜壁」をモチーフにした、ゲーラソディのオリジナルは、ドラガの九竜壁カバー表を全9匹、全世界限定で9本。Dissenカラー絵を除いて、更に同時にドイツの意志の機械工芸を結びつけて、それぞれの名表にCalk . 100自動上のチェーンのコア、18 Kのプラチナの材質を搭載します。きらきらと透明な梅の森の磁器の面の上で、手で九竜を描いて、1本の竜はすべて跳ね上がって、形はそれぞれ異なっていて、巧みに天工を獲得します。