ゼニスゼニス「Tental Reality」

ZENITHは、最初のLVMHウォッチウィークで新しい傑作であるDEFY Midnightウォッチを発表しました。このユニークなデザインは、現代の女性用ウォッチをユニークで未来的な美学で再定義します。 DEFY Midnightウォッチには36 mmのステンレススチールケースが装備され、ウブロコピー文字盤には11個のブリリアントカットダイヤモンドがセットされています。これはゼニスの「Tental Reality」のコンセプトを鮮やかに解釈します。文字盤は青色または灰色で、明るい表面処理の後、垂直方向のグラデーション効果が独特の視覚体験をもたらします無限の地平線上の広大な宇宙のように、星は輝いて目を惹きます。

 

 

ゼニスを象徴する五角形の星は、12時の時刻マークの下にあり、文字盤に描かれた夜空で最高で最も明るい星です。グラデーションブルーまたはグレーダイヤルに加えて、曇りの夜のぼんやりとした月明かりのように、穏やかで柔らかな白いヒョウモンダイヤルも選択できます。 3時の日付ウィンドウを除き、各時間マーカーにはブリリアントカットダイヤモンドが設定されています。ケースバックを通して、ブランドの代表的なスター振り子がこの時計に星の魅力を加えます。 DEFY Midnightウォッチには、Zenithが独自に開発および製造したエリート自動ムーブメントが搭載されており、信頼性の高い高精度を確保し、50時間のパワーリザーブを提供します。

 
DEFY Midnightウォッチには、さまざまなブレスレットやストラップが付属しており、着用者がさまざまな外見や機会に合わせて簡単に交換できます。統合されたステンレススチールブレスレット、カラーサテンまたはレザーストラップ(ゴムの裏地)は、ツールや専門知識なしで、ストラップの背面にあるクイックチェンジメカニズムを介して直接交換できます。さらに、各DEFYミッドナイトウォッチは、3色のストラップと交換可能なフォールディングクラスプ付きの特別なケースで提供されます。

 
昨年、創立50周年を迎えたエルプリメロ運動ほど長い歴史を持つ有機コアはほとんどありません。 1969年、Zenithはこの画期的なムーブメントを搭載した最初のA384をロレックスコピー発表しました。そのケースデザインは、当時の革新と大胆さのモデルでもありました。ブレスレットを作るとき、ゼニスは有名なゲイ・フレールのブレスレット会社の技術支援を求めて、時計の前衛的なデザインに合った特別なオリジナルのブレスレットを作りました。これにより、「台形」ブレスレットが誕生しました。このブレスレットは、他のスポーツスチールブレスレットよりも着心地がよく、洗練された、非常にオープンなデザインを採用しています。今日、待望の「台形」ブレスレットがA384レプリカウォッチに再現され、クラシックなクロノグラフのレトロな外観とエレガントな質感を引き立てています。