豪利な時はすぐに行動して、自分の正月の道を開く

オハイオは、スイスの独立制表ブランドの豪利な時と野外の探検水泳家Ernd Bromesとの協力を行い、オンスAクエスReliefカレンダー腕時計を発売し、水環境が直面する脅威と海洋保護を宣伝し、自分の新年の道を開く。

 
水は生命を維持し、自然の魂でもある。しかし、現在の水環境は深刻な脅威に直面し、川や海の汚染が深刻化している。水資源の智袋団―太平洋研究所の報告によると、途上国においては、水と水の90 %が約90 %の工業廃水であり、何の処理もしていない場合には水道を排出している。水生生物の生存環境も楽観を許さず、胃の中にはプラスチックに満ちた死亡した海の生物が発見されている。問題はどんどん進んでいて、すぐに水の環境を守るために行動しなければならない。

 
過去数年、豪利では非営利性組織との協力を続け、本当に水環境に変化をもたらすことができるプロジェクトを創立し、サンゴの修復基金会と共にサンゴを人工的に植え付け、海洋公益機構Palgies Kkunjaとともに絶滅危惧サメを保護したり、環境保護者たちとともに、世界の自然遺産としてクリッパートン島に申請することができる。転移のカギとなるノード。また、豪利には、廃棄プラスチックによって加工されて再生プラスチックの表帯となる。

 
今では、豪利な時には野外の探検家Ernd Bromesとの新たな協力が達成され、オリジナルのAクエスReliefカレンダー時計を発売し、バイカル湖活動を行う。その時、Erndは、60日以内に世界の水量を最大とし、平均水温10°Cの淡水湖―バイカル湖を着用し、水資源の保護を世界に広めた。「豪利には自由を愛しているブランド。」私たちは共通の態度と価値観を持っていて、すべて良いものと素朴な生活の啓発を受けて、自分の道を堅持します。そして私は豪利の時の仕事と芸術性をとても信頼して鑑賞して、バイカル湖の探検水泳の中できっと立派に任務を完成することができます。