腕時計は男のセンスの象徴である

今の世界では、腕時計界のブランドが多く、スイスのブランドのほかにも、日本やヨーロッパ諸国でも自分が代表的なブランドを持っている世界があって、中国の本土のブランドも弱く、着実に世界のブランドを追い続けています。人に褒められた腕時計が、一人のセンスを見せている。90年代の国の人々は、ぜいたくな腕時計に対して盲目的に支持し、それによって生まれた「土豪」の風潮が、今の男性は腕時計に個人的な個性を考慮している。今の男が買う腕時計は、自分の個性を際立たせる腕時計で、自分のセンスを見せる腕時計です。

 
人の地位は往々にしてお金の数と正比例する。もっとお金を持ってこそ、もっと高価な腕時計を買うことができます。逆に、高価な腕時計が男の購買地を見せて、その地位を浮き彫りにした。普通のホワイトカラーの層が10万元のロレックスを買えるとは想像できません。そのため、腕時計は一人の地位の象徴である。