控えめでセンスの薄いセミの腕時計

超薄型の「四みんな」の一つとして、19世紀からかなりの薄い時計の記録が残っており、年代にかけてはかなりの技術の高さに達した。たとえば1955年にブランド200周年を祝うために発売された1003機のコア、直径は210ミリ、厚さは1.64ミリで、当時の世界最小の機械のコアとなっています。この表は、この芯を立てて1955年の49型の時計をモチーフにしたもので、裏面の厚さはわずか4.1ミリという世界で最も薄い腕時計になっている。

 
この世界で最も薄い自動ブレスレットの腕時計は、絶対的な近代的なスタイルと精緻な構造で、透かし彫りの芸術を新しいレベルにアップグレードします。伯爵の自家製1200Sを搭載している全世界で最も薄い透かし彫りのオートコア(厚み2.40 mm)、独自のプラチナ自動振れ、振周波数は21 , 600回/時間、動力は約44時間貯蔵されている。黒のカード式の針、18 Kプラチナの折り畳み式の時計のボタン、黒のワニの皮の表帯を組み合わせます。

 
LANIC 1 TIME ZONEの腕時計は、世界のいかなる場所の時間を同時に表示することができ、身をつける元居地の時間。この腕時計は精確な性能と精彫の細い工芸を精進して、カンチの環球大使として、全世界に朗格の製表の芸術の価値を展示します。