「円明園十二生肖獣首腕時計」が5年を経て温州文博会に登場した

3月21日午前10時、64歳の温州市民の張さんが温州国際会展センターに到着し、6日の展示館A 03に直行した。「ここには「円明園十二支の腕時計」が展示されているそうですが、よく見てみましょう。

 
この日の午前中、2019温州国際ファッション文化産業博覧会が国際会展センターで開幕しました。東洋文化の美しさを解釈した「円明園十二支の腕時計」には、多くの来場者の目が引き寄せられている。

 
「この腕時計は、円明園海安堂十二生肖獣の首にして、本人とスイスの暦のグループ、国際的な製表の巨匠、レイドリンさんと一緒に設計しています」温州市の陳みずみさんは、「全世界は12匹しか生産していない。現在は2匹生産している」と記者に語った。

 
円明園海安堂十二生肖獣の首の原型は紅銅鋳造で、この獣の首腕時計の殻は、それに合った特殊な青銅の材質を採用し、着用者の使用によって異なる表面酸化変色効果を生む。型は黄金の微鳥の芸を採用して、数ミリの大きさの獣の首の表面の細部の細部の処理とテクスチャは複雑で、たとえば蛇の首の鱗、ネズミの首の毛、羊の首の角などは、精髄の下で半年の心血を費やして創作したもので、その精細さは20倍の拡大鏡の下で依然として生き生きとしている。表殻鏡輪は24コマデザインを設計して、1日の24時間と1年の24の節気を代表します。表殻の底には、温州市の有名な書道家の馬也ザオの12時の漢字の書道作品が刻まれています。これは中国の書道作品が初めて高級な製表の分野で展示されています。また、底蓋ブルーの宝石ガラスを通して、ロジャー・杜がジュネーヴを通じて認証されたRD 821精巧な機を見ることができます芯は、その機軸の自動陀の部品は更に革新的な技術で、浮き彫りの竜を採用して、竜の爪はしっかりと中心の丸い軸をつかんで、竜の運動を機軸の上で連鎖して、巧みな芸と伝統の文化を完璧に結びつけています……