強力な軍事デビュー:パネライラジオミールグリーンウォッチ

パネライのようなユニークでユニークなミリタリースタイルに満ちた時計ブランドはおそらく非常に少ないでしょう。この強い軍隊のパネライコピー色は歴史に存在するだけでなく、現在まで続いています。第二次世界大戦以降、イタリア海軍が水中での時間と戦闘での時間を正確に読み取るのを助けたこのフィレンツェの時計師は、今日の時計ファンを賞賛することができます。もちろん、現代のパネライは静的ではありませんが、その変化は古典的な要素を置き換えることではなく、古典的なデザインを強化することであり、人々は時計全体の軍事スタイルを新しい視点から評価することができます。これは、2019年にリリースされた緑の時計の新しいRadiomirコレクションの場合です。

 
緑は山の色、森の色、草の色、そして戦場で兵士が自分自身を覆うために使用する色です;特に暗闇の中で暗く暗い暗緑色は強力な色です。ミリタリーウォッチで有名なパネライがダイヤルにミリタリースタイルを表す濃い緑色を使用し、4つの新しいラジオミールウォッチ(PAM00995、PAM00997、PAM00998、PAM00999)を発表したとき、ファンの興奮と興奮は実際には狂っていました。想像するのは難しくありません。

 
4つの新しいRadiomirグリーンフェイスウォッチは、1940年代以来、パネライのクラシックなピローケースを使用しています。ケースの側面は、人目を引く2つの接線でカットされ、時計全体が合理化されたデザインで表示されます豊かなレベル、鏡のような研磨方法と相まって、刺激的です。これは前世紀に当てはまりましたが、次の世紀にはまだ時代を超越した古典です。クラシックには、サンドイッチダイヤルもあります。歴史的記録によると、1916年、時計業界は暗闇の中で時間を表示する方法を知りませんでした。そして、特許を登録しました;これは「ラジオミール」という名前の由来でもあります。

 

 

1930年代、パネライはラジオミールウォッチに2層構造のダイヤルデザインを追加し、上層にくり抜かれたアラビア数字とリニアタイムスケールにより、下層に覆われた夜光塗料が暗闇でより強く、ガガミラノスーパーコピー強調されました。読み取り時の効果。正しい読み方は、兵士の手に着用するミリタリーウォッチの最も基本的かつ重要な機能であるため、サンドイッチダイヤルがもたらす利便性を過小評価することはできません。そして、軍事活動に参加したこれらの古典的な要素が新しい軍事グリーンダイヤルで完全に提示されると、それがPAM00995、PAM00997、PAM00998、またはPAM00999であっても、非常に魅力的です。