1959年第2世代オメガ超霸シリーズの腕時計

1959年、オメガ打ち出したモデル改良した超霸シリーズ腕時計――2998 CK。それを保留して対称ケースやあいかムーブメントが、新たな指針「斜角」に取って代わった前作に採用の指針。また、CK 2998採用の黒いアルミ速度計ベゼルにもなっ超霸腕時計の標準設計、そして今まで存続。1962年、水星の計画の宇宙飛行士ヴァルター・M・施設ラ(Walter「Wally」M . Schirra)やゴードン・G•クーパー(Leroy G .「Gordo」Cooper)プライベート購入CK 2998腕時計。

 

 

その後、施設を装着しているこの超霸腕時計に登って西格コードななしち号(シグマ・セブンななしち)、執行水星計画-ハーキュリーズはち号任務(Mercury-Atlasはち)、それを初の宇宙に入るのオメガ超霸腕時計。二年後、アメリカ航空宇宙局を今でも知られ超霸テスト、腕時計、テストで正式に選定されて、すべての有人宇宙飛行任務の指定腕時計。