炭素でフィラメントを作ります。TAG Heuer Autavia腕時計シリーズ

TAG Heuer泰格豪雅はAutaviaの腕時計シリーズを新たに発売し、独立したシリーズの姿勢で強く表壇に復帰しました。シリーズ腕時計は20世紀60年代に作られたAutaviaの腕時計の特徴を兼ね備えています。多機能で丈夫で信頼性の高い性能です。デザインにおいては、炭素繊維複合材料の遊糸技術を用いて、それぞれの作品に特色のあるIsograph技術を完璧に表現させます。

 
TAG Heuerのメインモデルの一つとして、今年はAutaviaシリーズのリリースを決定しました。AutaviaとCarera、Monaco、Formula 1、AquaracerとLinkなどのシリーズと並んで、独立したシリーズになります。Autaviaの名称はAUTomobile(自動車)とAVIAtion(航空)で構成され、1933年から1957年までの間に、Autaviaはレースと飛行機のダッシュボードに用いるタイマーです。Autaviaの計器パネルのタイマーが生産停止された後、当時のジャック・ヘュー氏は1962年に発売された時計の名前を決めました。

 
この革新的な新しい腕時計は視認性が高くて、十分にラリーの中で人を熱くさせるきわめて速いエネルギーを捕らえて、いかなる条件の下ですべてはっきりと読み取ることができます。Autavia腕時計は世界各地のレーシング愛好家と軍隊で人気があり、名声が高いと同時に、腕時計界で高い名声を得ました。この人気時計は市場の変化の中で1985年に生産を停止しました。今、Autavia腕時計は再び新しい姿で登場し、独立シリーズとして新たに発売されました。全部で7種類のモデルがあります。どれもAutavia腕時計の自慢の大胆冒険精神を持って設計されています。