LVMHの方が安定しています

今日、LVMHグループは2018年通期の業績を発表したばかりです。この報告書から見ると、この一年間の業績は非常に良好です。

 
LVMHグループの通年の収入は10%増加し、総売上高は468億ユーロに達した。一般業務の利益は100億ユーロを超え、21%増加した。これらはすべてLVMHグループの売上高と収益力が強い成長の中にあることを示しています。

 
業務の細分化から見ると、ファッション皮具の業務は今回の成長の最大の推進力(表データから明らかに分かる)である。私達が最も関心を持っているタブとジュエリー業務も見栄えが良く、2018年の収入は41.23億ユーロで、8%伸びた。LVMHグループの公式見解は「ブルガリはこの1年間、特別に素晴らしいです。宇舶と泰格豪雅も進歩があります。」

 
対照的に、瑞表の2018年の輸出は6.8%伸び、暦グループの2018年前9ヶ月の収入は約23%伸びた(買収要因の影響を除くと6%だった)。このことから、LVMHグループの業績は非常に明るいです。

 
ちなみに、この年にLVMHは人事上の大きな変化があり、功労の老臣ビバーが退職し、最高管理層が新鮮な血液に換え始めました。この成績表はグループの次世代の指導層にいい成績を上げたと言えるでしょう。