witnessシリーズ—マスターの経典の還元金

バークレンwitnessの証人シリーズ腕時計(大家経典還元金)は、ドナウの水色の藍色を抽出し、腕の間に凝縮し、時間の静かさと内面の活力を感じる。マスターMarko Rabeが期待しているように、腕時計は着用者の内在的な品質の表現または美しい願望の表現であるべきです。静止したバウハウス風の目盛りは過去への肯定を表し、鮮やかに歩く青い色は未来への憧れを表しています。青緑色の秒針と小皿針のデザインは、この絶えず突破を求めている思想の流れを、巧みに表現しています。過去を肯定し、絶えずに革新を求め、未来を切り開きます。同時に、より多くの希望を若い世代に託すことになります。

 
色の運用は当時の腕時計設計の最先端の芸術創作の一つであり、全体の簡約設計を破らないことを前提とした巧みな突破である。視覚的には腕時計に立体的な視覚を与え、立体的な腕時計、立体的な魂を表現します。歩く秒針と時計の針は、時の針を示すだけではなく、心の弾むような静謐な窓のように、真っ青な未来へと続く。二日間のパワーセーブと同時に三時の位置にカレンダーを設置しました。六時の位置は二十四時間の小さい秒針の文字盤です。サファイアの水晶の底の蓋を通して自動ムーブメントを直視することができます。