「軽熟」腕間風格BELLUNAブルーナーIIシリーズ

「後靑春時代」の男性は求めずに質感のスタイルを言いふらして、も願わない杓子定規の一人として。彼らのセンス観をさらに成熟とけちをつけて、追求の唯一無二の視感と深い内包は彼らは毎日成功への道の挑戦。工夫を凝らしてないのに、英知;不高揚さが輝く;な芸術と建築の研究と愛され、いつも彼らは人とのコミュニケーションに溢れ、時間と博学澱んで来た教養。まるでインスピレーションからイギリスロンドンロイヤルアルバート音楽庁の美度BELLUNAブルーナーIIシリーズに、そんな「軽熟」質男オーダーメイド:2項のブルーナーIIシリーズ全自動機械ムーブメントメンズ腕時計「えこひいき小三針」のと「時偏芯」の届くその繊細な旺盛な外観と独自のデザイン理念全体からシリーズで錐嚢を脱す。

 
BELLUNAブルーナーIIシリーズ「えこひいき小三針」のメンズ腕時計配備直径よんじゅうミリのステンレスバラの金めっきケース、銀色の文字盤飾歯肉模様で、精巧かつの小さい秒針が扇形拡張文字盤に囲まれ、まるで再現出ロイヤルアルバート音楽庁でガラスの屋根の無限感も、全体の表項を軽快に躍るの美。繊巧バラの金葉時指針、蝸牛形秒針のバラの金ベゼル互いに照り映える。またコーディネート軋ワニ柄の茶色のバンドとステンレスPVDバラの金めっき折り畳み表を掛けて、完全に彰を見せ「軽熟」男性は工夫を凝らして成熟な風格。そしてBELLUNAブルーナーIIシリーズ「時偏芯メンズ腕時計」は直径よんじゅうミリ316Lステンレスケースを組み合わせて白い文字盤、じゅう時位置は太いストライプを銀針針フェイススケールのダークグレー、よんしよ時位置は細いストリップ銀色の指針をスケールのダークグレー秒針盤、2文字盤すれ違い重なるている、、その独創性のデザインを吸ってばかりでなく楽の喜びも、腕の間はさらに顕1部の風変わりな「軽熟」叡智教養、指先で。

 

 

http://www.osakablog2020.top/