Defy Zero GジャイロスコープはZenithであまり場所を取らない

Defy Zero Gの接尾辞Gは重力(重力)を指します。その名が示すとおり、重力に挑戦し、時計の通常の動作を妨げる要因を排除することです。これに依存する秘密兵器は、ブランドが特許を取得したジャイロモジュールです。 21世紀初頭、ブランドは自動調整可能な重力制御装置を設計し、特許を取得しました。このジャイロモジュールのセットは、調整機構とバランスホイールを同じレベルに維持することにより、時計の重力速度を排除します。また、高周波数のエルプリメロムーブメントが装備されており、全体的な構造がより洗練されています。

 

 

ただし、Defy Zero Gは、従来の航海用時計に着想を得たジャイロスコープモジュールが、2つの凸型サファイア結晶の間にあった139マイクロパーツで構成される球形構造であるため、改良、ジャイロスコープのサイズの縮小、改善を続けています。回転させますが、音量が元のサイズの30%に減ったため、ケースの2つのフラットクリスタルに合わせることができ、6時の位置でこの独特のデザインを楽しむことができます。さらに、Defy Zero Gには、振動周波数5 HzのEl Primero 8812S手巻きムーブメントが搭載されています。伝説的なムーブメント1969 El Primeroと同じ伝統のこの性能を使用して、軸外の時間、分、スモールセコンド、重力を駆動します。制御機能はまた50時間以上のパワーリザーブを持っています。

 

 

見た目も機能も抜群ですが、外観もだらしないデザインです。ソリッドチタンまたはローズゴールドを採用し、文字盤とエルゴノミックメタルストラップを一体化しました。全体のラインは滑らかで雰囲気があります。文字盤は、ロジウム仕上げの黒いムーブメント、6時位置に回転するジャイロモジュール、時針と分針が上の青いリングに埋め込まれ、明るいファセットとバートン針で装飾されています。昼と夜の両方で、支障なく読むことができ、さらに左右対称の中空のスモールセコンド文字盤とパワーリザーブ表示を備え、細部の均等な配分がバランスの取れた美しさを示しています。