柏高を鑑賞する美学者さくらシリーズ

芸術的な表の大家たちは細部に対して優れたコントロール能力を持っています。彼らは真珠の貝母の文字盤に手作りで桜の図案を描きます。このような絵画手法は水をベースにしています。昔から今まで使われている重要な工芸です。特にビザンチンの有名な画家、ルネサンスの芸術家、中世時代です。

 
文字盤を作るには20時間かかります。芸術の大家達は使ったのはテンの毛のブラシで、筆触はきわめてきめ細かくて、真珠の貝母の文字盤の上で卵の色彩画を描いて、絵が終わった後に風乾の10時間をかきます。自然の真珠の母は光を持っています。ピンクと白い桜の一番いい背景になります。

 
各真珠の貝母の文字盤は300枚限定で生産されています。色は緑、ピンク、青に分けられています。純粋なクロコダイルの皮のバンドと腕時計は完璧な組み合わせを実現します。ステンレスのスチールバンドもあります。