満腔緑枕Piage Polo

1979年にPiaget Poloの世界は、表殻の融和という異形の気風を開いた。2016年にPoloが復帰し、枕形と円形を結合して、当初は別名を取った:Polo S、今は更に文字を精錬して、直接Poloと呼んでよくなりました。四十年前と同じ名前です。灰色、青、白の文字盤に続いて、伯爵がプラスして青緑色のデザインを押して、緑のワニのベルトに合わせて、緑の腕時計のにぎわいを寄せ集めます。腕時計はステンレス製のケースを採用し、直径42 mmで、1110 Pの自動ムーブメントを搭載し、限定500枚です。

 
Piaget Polo
ケース:ステンレス
直径:42 mm
ムーブメント:1110 P自動
機能:時、分、秒、日付
限定:500枚
約72,000ドルです