ロフト職人の超複雑な「装飾芸術」腕時計を鑑賞します。

ロフト工匠」シリーズは、IWCスーパーコピー超複雑な機能に基づいて彫刻の技術を改めて強調し、2つの新作のケースはすべて時計職人が手作業で彫刻したものです。この「装飾芸術」の腕時計のケースはプラチナで作られ、直径47 mm、厚さ19.1 mmに達し、優雅でレトロな「ヴィクトリア」の模様を飾っています。浮き出し彫刻、浅浮き彫刻など様々な特別な技法を合わせて、制作時間は150時間以上かかります。

 
サテンのラメの金質の文字盤は黛紫を現して、日の暉の紋様で装飾して、同時に11項の複雑な機能を現します。三問時報、時間等式、陀飛輪、万年暦、動力は貯蓄して、日の出/日の入りの時間、および独特な「三問時報機能」の動力の備蓄。背面の文字盤には他の5つの天文複雑な機能が現れます。星空図、2点/2点、恒星時/恒星分、月齢月相、および季節/星座の指示です。

 
Vacher on Contntinの特別設計を搭載した手動チェーンムーブメントは、839個のモジュールで構成され、動力は58時間備蓄されています。パネライコピー手縫いのセピア色のミシシッピーのわに革のバンドと合わせて、拡大鏡と調書用のペンも備えています。