SEIKOが共同ブランド化した「クイックファイト5」限定時計で、若者の思い出を身につけましょう

セイコ5スポーツシリーズの伝説的なクイーンギタリスト、ブライアンメイとの共同時計を発売した後、ケン、ドラゴン、チュンリなどのクラシックキャラクターにインスパイアされたファイティングゲーム「クイックファイティングトルネード5」を再び見つけました。若々しい思い出を呼び起こす一連の時計を作りましょう。

 

SEIKO傘下のセイコ5スポーツシリーズは若くて個性的なスタイルで位置づけられているため、時計業界でレトロなスタイルが吹き荒れる中、ブランドは共鳴ファイティングゲーム「キストルネード5」を共同名に選んだ。 1987年に発売されたこのゲームは、何世代にもわたって成長し、映画にも採用されており、人々はその古典的なキャラクターを決して忘れません。そのため、SEIKOは、各ブランドの時計のデザインの主要なコンセプトとして、キャラクターの装備、特性、クラシックな動きに対応し、Ryu、Chun-Li、Ken、Gael( Guile、Blanka、Zangiefにインスパイアされた6つのスタイル。

 

タカシがいつも「はわけん」を究極の技として身につけている柔道スーツのように、ベゼルの赤と黒のデザインは、彼の髪とヘッドバンドの形、文字盤の9時の位置、そして時計と直接関連しています。ベルトには「風林火山」という簡略化された文字が印刷されており、底部カバーにはおなじみの博多の取扱説明書があります。このゲームの唯一の女性は改良されたチョンサムを身に着けているChunliであるため、同じ色の革のストラップが付いた青い文字盤は彼女のドレスの色を反映しています。SEIKOはまだ時計の12時の位置にあります。チョンサムのスタンドカラーと同じパターンデザインを採用。 6時と9時の特別な形のタイムスケールは、Chunliが着用しているとげのあるウェイトブレスレットに触発されています。シリーズの6つの時計はすべて、4R36の機械式ムーブメントを備えており、それぞれが9,999個に制限されています。