前衛と古典に溶け合った閏年暦

ミッキーサンデーシリーズは、前衛の構造設計と古典的な要素を組み合わせて、別の異なるスタイルで“閏年暦”という機能を再演出する。リニューアルシリーズは、愛人旗の下にロイヤルグンと名を並べたオリジナルシリーズで、比例して完璧な楕円形の殻の輪郭と、機軸の機械構造を示す立体設計を加えて、独自の前衛気質を見せる。最も人口に膾炙しているのは、偏心なデザインの面盤の配置であり、時間情報を示す円形の表板が楕円形の表殻内の右半側に配置され、左側の空間は機軸を示す縦システムの完璧な舞台となる。

 
位の右側にある表盤は、ミッキーシリーズの時計に時間情報を示す主要なブロックであり、最も重要な視覚のポイントである。この閏年暦時計では、日付、分針同軸の中心位置に配置され、月と月曜日が窓を見る方式で、それぞれ12時と6時の位置に配置されている。表示する時間の情報は少なくないが、全体の視覚感はかなり簡潔である。表殻の楕円形の輪郭を呼応するために、特に偏心式のマスクデザインを採用し、ローマの数字のサイズの変化を利用して、偏心設計の視覚感を強調する。一方で、軌道式の刻度とローマの数字に古典的な雰囲気を合わせ、衛と古典を巧みに溶け合う雰囲気をつくる。