大テーカーのスローラインVoutilainen Ving t – 8

腕時計を書くこの業界は十七年になって、私はずっと尽くして時計を買うことができて、ためののは自分でむだな話をしたくないのです。私は読者が買ったことを推介して、少なくとも自分が心から好きで、買うことができるのはすべて買うことができるようです。もちろん、すべての好きなことを買うことはできませんが、いつまでも何枚かの好きなものがあります。時間の間違いによって、いろいろな理由があって、結局買っていなかったので、今日になって価格が上がっても買えないのは残念です。VoutilainenのVing t – 8はその1です。

 
フィンランドに生まれたキリヴィンティンは外見の温文雅で、若い頃はフィンランドやスイスの製表学校で訓練を受け、90年代にはアンティイナで骨董の時計を補修し、先人が作った複雑なデザインに触れることが多い。その後、製表学校のWWAで、複雑な製表部門を司っていた。2002年に彼は自分の名匠の運命を確定し、自分の名前で仕事坊を開設し、自分のブランドに属している。数十年前に初めて会ったのは初めてだったが、初めて見たオビエヴァンは、彼が骨董のコアを小部分で改造し、人が三万6やさらに高速に周波数を並べた時代を見ていたが、カリが大番輪とスロー域を強調した。ココアの命。彼はほとんど古人で表を作って、年間の生産量は十数枚しかありません。骨董のPeuxの機軸の部品を新たに学校と打ち直して、古い時代の天文台の時計の正確さを達成することを求めています。

 
他の3針の純粋な古典の美しさ、Observatoireは更に多元的な生き生きとして抜けていて、表盤の各部分は異なってグリラブのテクスチャーがあって、4つの水滴は耳にも署名式の美態があって、また鳥の口も波板糖の時の針、機軸の打磨きは美しかった。人を教えるのは意外にもObservatoireの歩き方が正確ではありませんでした。内外兼備によって、2007年には、Observatoireがベストメンツの賞を獲得した。間違いなく、Observatoireは当時約20万万円を定価にしていた。私は、Phrepe DufourのSimpatoireを買うことができず、Observatoireを買うのもいいと思う。その結果、Fcle Caloenerener年暦表を購入することになった。その後何十枚もの骨董品のココアを使って、Observatoireが生産を停止し、カリは自分で新しい機軸を開発して、Observatoireの魂を使って、Ving t – 8(すなわちTweny – 8)シリーズを発売して、定価も級を跳びました。

 
独立表匠として、自家製の機軸は常に必然である。その後のVing – 8設計と制作理念は、Observatoireとほぼ同調で、大発条ドラムを使用した機軸は30 mm、腕時計は直径39 mm、機能は最も本の時の分秒表示で、相変わらず1時間当たり18 , 000回の大番輪を使っていて、当初は年間50~60枚に達する。毎年、カリの作品を見学していますが、今は静かにしても、あのスーパーファンの愛着はすっかり抜けていません。彼は依然としてとても少なく生産して、Ving t – 8の価格が年々高まっていることを見て、更に客度のために身につけて作ったuniece pieceだけを見て、私はすべてVing t – 8の定価を聞くことができません。実は私の心の中では、Observatoireが懐かしいです。私の心の中では、将来運が気になるObservatoireを望んでいます。あるいは、1枚のVing t – 8を制する能力があって、残念になります。人生はこのために努力しなければならないよ!