透かし彫りの文字盤への執着:Tambour Moon飛輪腕時計

「Tambour Moon Flying Tourbillown『Poin c.onのGen Sève』」飛行機のフランクミュラーコピー飛輪は、依然として透かし式の文字盤に対する執着を続けており、装着者にムーブメントの完全な動きをはっきりと鑑賞させ、ジュネーヴの印の基準に達する精密な磨きをかけている。

 
42.5 mmのプラチナケースの厚さは9.65 mmしかなく、「ドラム」タイプのケースの側面は内凹の曲線であり、独自のスタイルを持っています。時計の輪は非常に細く、時計の鏡の視覚を際立たせ、実際の視線をムーブメントの中に集中させます。

 
直接にムーブメントの構造を見ることができます。12時のバネケースは透かしの設計を採用して、いつでもバネの緩みを知ることができます。マニュアルチェーンの芯にとってとても便利です。

 
La Fabrique du Temps高級表工坊が作ったカリバーLV 97ムーブメントを搭載し、180個のモジュール、振子21600 vph、オメガスーパーコピー動力は80時間まで記憶されています。