Escale Bleueブルーのテーマ腕時計:陀飛輪、反転時標、世界時

「Escale Bleue」は全部で3枚あります。特に、文字盤のデザインは「青」をテーマにしています。さまざまな複雑な機能設計を通じて、「青」ファンの時間計測ニーズを満たしています。

 
3つの腕時計はそれぞれ「反転時標」の基礎モデル「Escale Spin Time Blue」、中央ドラフトの「Escale Spin Time Tourbillowon Central Bleue」、そして「都市トーテム」の世界時腕時計「Escale World time Bleue」です。

 
「Escale Spin Time Tourbillown Central Bleue」は最初の文字盤の中央に陀飛輪を追加した複雑な型番で、文字盤の中央にある「V」字形のフレーム陀飛輪が毎分1回転します。12枚の回転可能な立方体と表記されています。現在の時間は白アラビア数字に反転して、現在の分は陀飛輪の外側の白い針によって示されています。

 
チタンメタルのケースは直径41 mm、厚さ12.8 mmで、ケースの縁にLVスーツケースの「ケヤキの板」をモチーフにしたポーチが見られます。

 
「Escale Spin Time Bleue」は、「反転時標」という文字盤を使った基本モデルで、表中央の円盤は罫線で地球の経緯線を表し、外輪は12立方体の時标です。これらの時标は24時間ごとに1週間反転して、4つの正方形の平面を交互に現れます。2つは転写プロセスを使って青色の幾何学模様を描きます。デザインはLVスーツケースの上の手描きの色のストライプ、都市の略語と標識の記号から来ました。

 
この腕時計は同じ41 mmのチタン製のケースを採用しています。厚さは11.2 mmです。サファイア水晶の背を通して、ムーブメントのアルミ製の振子が見られます。ネイビーブルーのワニの皮のバンドを合わせます。

 
「Escale World time Bleue」は「Escale World time」の世界時の腕時計の水色バージョンで、一番外の二周はカラートーテムの世界時の回転盤で、第三周は24時間の時間盤で、一番内側は分盤です。時間が経つにつれて、ディスクと分盤が回転し、12時の黄色のポインタで現在の時間を表します。例えば、写真の中の時間はパリ時間の10時10分です。