脈拍タイマー——医師の医学器具

八十年前、医者は初めて時計を装備した家で、患者の脈拍を測るのに一分もかからないです。医師が患者の脈拍を計算するように、脈拍計の目盛が30回の脈拍を測定できると、医師は脈拍計の計時機能を起動し、同時に脈を調べて30回目までの時間を停止します。その時、秒針は脈拍の目盛りの数を指しています。このようにして、医者は一人の患者のために脈を探って30~40秒節約することができて、もし医者が部屋を回る時50人以上の患者のために脈を探るならば、多くの時間を節約することができて、だから脈拍の時計は医者の歓迎を深く受けられて、それから更に“医者の時計”の名誉を冠られます。

 
Longines呼吸と脈拍測定コードのパフォーマンスは、運動にのみ適用されることはできませんが、1963年から医学用の腕時計として作成されたのは、時計の正確さを示しています。この新しい腕時計は表示時間以外に、同時に心拍数と呼吸頻度を測ることができます。この機能は運動において非常に重要な役割を果たします。同時に、患者の検査データを提供することもできます。

 
医療機器として、ロンジン専門の脈拍クロノグラフが原作の主なデザインに呼応しています。装着者は銀色の文字盤の外縁から、赤い心拍の目盛りと青い呼吸率の目盛りを簡単に読み取れます。中央の秒針を起動するだけで、30回の脈拍を待ってから、針が指す赤い目盛りは心拍です。5回の呼吸後は、針が指す青い目盛りで呼吸率を読み取ることができます。金メッキアラビア数字12及び8枚の時刻マークからなる時間目盛りは、同じ材質の針と時計盤外輪と完璧にマッチしています。精鋼のケースは原作と同じ38.50 mmの直径を採用し、耳を斜めに切断して全体の外観に華を添える。クロコダイルの皮の黒いキスバンドはこの医者のために時計で優雅に描かれています。