Heritageシリーズ「二十四節気」のリスト:春分、立夏、秋分、大雪

Grand Seikoは、春分、立夏、秋分、大雪の4つの節気をテーマに、自然景観からインスピレーションを取り入れ、季節の変化と時間の流れを詩的に描いた。
新商品はブランドの定番の62 GS自動腕時計をベースに設計され、チタンの金属ケースは砥石砥石砥石法で直径40 mm、防水深さ100 mを処理しています。文字盤は古典的な大三針レイアウトで、3時はカレンダーウィンドウで、動力備蓄インジケータは7時と8時の間にあります。

 
SBGA 413 Shunbun春分-花筏
散った桜が川面に敷き詰められ、花びらが水の波に乗って舞うという幻想的なロマンは、日本では「花筏」と呼ばれています。春分の腕時計をモチーフにした淡いピンクの文字盤は、美しく短い桜の季節を象徴しています。

 
SBGH 271リッカ立夏-薫風
夏が来て、大地は再び青々として、暖かいそよ風が田野と草地を吹き渡っています。日本語の中の「薫風」です。立夏は濃い緑の文字盤を持ち、夏の繁茂と情熱を思わせる。

 
SBGH 273 Shubun秋分-月夜
静まり返った夜更け、たまに鳴き声が聞こえますが、明るい月だけが空に輝いて、月の光が大地を照らしています。寒々として憂鬱な「月夜」です。「秋分の日」の腕時計は紺色を基調とし、秋の空の黒雲を表しています。

 
SBGA 415 Taisets大雪-深雪
厳寒が訪れ、松は雪に覆われ、世界中が静かに眠りに落ち、次の春を待つ。雪の腕時計は純白の文字盤を採用し、冬の日差しに輝く「深雪」のシーンを演出します。