三金橋陀飛輪の自慢人品質

三金橋陀陀の機軸の極法美学は、高級製表の美学の精髄と一致していた。その構造は黄金比律の原理に合わせて、完全に製表のマスターによって手製して、コンポーネントはすべて専門の職人が加工して綴って飾ります。

 
主板は純金のカートリエ、ギア系の橋とツルドレー板によって作られ、美学、芸の髄と象徴的な原理を完全に融合させた。両頭の矢は手飾りを備えており、Esmeralda金橋の元美学を体現している。矢の面にはきらきらした鏡面の効果を加えて、エッジの逆角効果と側面はそれぞれ手作りで処理して描きます。視覚のコントラストと明るさを強めるために、橋の腕はすべて心をこめた「琢磨」を経て、研削器で手作業をすることを指す。このような空間のような精密な構造の中で、三橋はすべて並んで並んでいて、別格の視覚効果を造り出します。

 
三橋の中間にあるダイヤモンドの放光構造は、2つのネジで固定されています。ドッドカーの外側には80個の部品があり、技術の優れた職人が手作業で組み立てた。ブランドとして知られる手作りの手打ち七弦琴は、構造のバランスをもっと完璧にして、1分ごとに1回回転し、毎時間21 , 600回(3ヘルツ)の精度を振動させ、慣性の大きいトルクを受けます。

 
この機軸の体積は16法分(直径336ミリ)、8.41ミリの厚さで、少なくとも2ヶ月の時間から310のコンポーネントを組み立てる必要があり、その中には27粒の宝石が含まれている。

 
メインボードの3分の構造が表示されます。すべてのコンポーネント――表面外露の金橋、複数の橋の腕とツンドラの外装――というメッセージを伝える:「三」という数字とその複数は、過去、現在と未来の度量を表す。