IWC万国表ブランド大使周迅の時間の付き合いの道

心が動けば「行動」には及ばないが、心をときめかして躊躇し、「万」という愛は心の底に隠されている。万国の女の人はいつまでも待っていて、眉をあげるのはとっくに自発的な権力を身につけて、体の光がまばゆいことを知っていて、まるでIWC万国表のプラネフィノ月相自動腕時計37の上に象眼された66本の無欠な石のような美しさ。大胆に恨みを愛する九児から、深い愛のような竹を守り、また生活の中の周迅に至るまで、真情に対するかすかな躊躇がない。性格の中で生きてこそ、生活の味を活かすことができる。永遠に全力で、心に忠誠を尽くす。

 
独自のスタイルで、自己主張がある。万国の女性は自分のために限らず、散脱する周迅のように、心の中では巨大なエネルギーがある。黒のスーツ姿で、大サイズのIWC万国表のポルトガルシリーズの時計、細部の自由を合わせ、成熟した独立した魂を放つ。古いしきたりを恐れず、何も恐れずに前進し、人生の主たる場の一つ一つのタイミングは、しっかりと把握する。

 
万国の女の「霊動」は生まれながらにして、ユーモラスなユーモアは、彼女がひっそりとした外見の下の処世の道である。彼女たちの信仰は細水が流れているが、容認できない。周迅の目つきのように、一瞬あなたの“万”の引力をつかむのです。IWCは文西自動腕時計36を表現して、彼女の腕の間に、美しい生活の甘さと感性を動かしている。

 

http://www.osakablog2020.top/