Jaacet Droz腕時計金箔彫花エナメル

時間は18世紀にさかのぼるヨーロッパで、機械の大工業生産への飛躍に着手した。社会の生産力はこれによって驚異的な発展を遂げたが、多くの世代の名匠の独門の秘巻もこれで失敗した。金箔の花のエナメル腕時計の上の骨董品の金箔葉は、この失伝の古い芸に由来する。

 
この古い工芸は、細やかな金箔の葉を使って、器用な緻密な手法でまとめ、浮き彫りの図柄を形成している。そして、非常に精細なエナメル工芸で、必要な色調と半透明エナメルの深感を得て、表盤に太陽線の紋様を躍起させた。

 
18世紀には、アークドロの職人たちは、金箔の彫飾の技術に対して立派な造詣があった。今では、夏徳義の芸術工坊内の製表の大家たちが、この3世紀近くの装飾技術を伝承し続けていて、それまでの態度で、難易度の高い腕時計の傑作を完成させた。