オメガGlobMaser MasマスターChronameter年暦時計の極致

オメガGlobMaser(尊覇)年暦腕時計は、複数の新しい設計要素を加え、例えば、表面の直径は39 mmから41 mmまで拡大した。

 
「餡鉢形」のアーチ形の表面は、有名な表壇の美しいデザインであり、新しいデザインが機能のある実用的な要素になり、その上にカレンダーの月が表示されています。すべての月の文字は青色の時間の間に分布して、スタイリングは上品で、特設の青い漆の針を並べて月を指示します。

 
青三角アーチ形の光面では、分針と時間目盛りが、夜光コーティングを経て処理されています。光の変化につれて、表面全体が魅せられている。

 
他の青色の詳細は、光面の中には秒針、オメガのブランドのマーク、星座シリーズの星の記号と表面上の文字が含まれていて、腕時計は更に特に青色の革の表帯のステンレスの屈折のボタンを合わせて、色調は一気に完成します。

 
表殻は、全鋼で鋳造され、昨年のような大人気のようなデザインで、光面凹溝表輪のように磨耗防止の硬金属(炭化タングステン-tungsten carber)が製造されている。