ビッチエンジェルは、シンガポールのミッコの未来新女表

今年は美度表(MDO)ブランドの創立100周年を迎え、年初めから一連のイベントを展開し、新たな腕時計を披露し、最終的にシンガポールに到着し、来年に発売されるシリーズの女性表を「維密天使」と呼んだ。

 

 

ミノの腕時計デザインは、過去にはクラシック建築をインスピレーションとしているが、今回は新しいRainflowerシリーズも例外ではなく、シンガポールの有名な芸術科学博物館の外形をコンセプトにしている。そこで発表したのも、ここで行われ、過去、今と未来との思いでテーマを連ねる。骨董表、そして今年発売された腕時計は、それぞれが過去と現在を象徴するようになっていることから、未来を代表するRainflowerシリーズを表す。ブランド世界の総裁・フロッダ氏は「シリーズではなく、新しいデザインだ」と語った。博物館の外観はまるで満開の蓮の花のような外観であり、そのためブランドは幾何学的な真珠の雌貝を用いて、表盤のトーテムを貼り出し、外側の外側はより異なる放光の処理で、花びらを作り、そして透明な時計の背によって、より自動盤の模様の彫刻を見ることができる。

 
生活センスにこだわった女性の消費者を狙って、Rainflowerシリーズが来年5月に発売された前に、ブランドでは世界的なポテンシャル・Createyamoイベントを開催し、専属サイトに「デザイン」が個人的な腕時計スタイルを作ることができる。表盤、表殻、バンド、時刻、装飾の宝石などから、これを選ぶことができ、来年3月には最終的に生産される4つのモデルで、ビッチエンジェルによって使用されている500個の特別金を加え、新たなRainflowerシリーズの5つを発売する。自分が企画した表金については、「バラ金表の殻は緑のサバリアを組み合わせて、非常にモダンで女性化」という。