江詩デントンを味わうアートマスターシリーズ

まず腕時計の全体から見て、ケースは40ミリの18 kのプラチナ素材を採用しています。腕時計の厚さは8.9ミリしかないです。このような細い厚さはもちろん、そのムーブメントの乗降技術のおかげです。盤面面には古典的な大三針のデザインが多くの煩雑な工芸で作られた盤面に映えていて、とりわけ高貴で上品です。同時にサファイアの水晶は透底しています。人々の心に対する無限の思いを満たしています。文章のペースに合わせて、この腕時計の複雑で高度な文字盤工芸を探ってみましょう。

 
この腕時計のモチーフはエッシャーの絵に触発され、文字盤には羽を広げて飛ぶ鳩が現れています。主に関連する工芸は彫刻、内填エナメル、機刻図紋と宝石のモザイクがあります。図に示すように、彫刻師は黄金の皿の台座にハトの美しい輪郭を描き出しています。この細かい工程は正確さに対して極めて要求されています。

 
第一歩の基礎製作を終えた後、エナメル大師は様々な酸化物を使って色を変え、色を交互に微妙な違いと結合させます。色の調節と調和はエナメル大師の取捨選択によって決まります。これらの色は高温になるとすぐに紫をまぶします。

 
最後に、エナメル大師が紫のハトの模様に半透明のエナメルを塗り、作業が終わりました。白いハトに対して、エナメル大師は乳白色のエナメルを選び、彫刻の模様を際立たせ、奥行き感を演出しました。

 
エナメル工程が終わったら、象眼師はその中の一匹の鳩に宝石をちりばめて、きらきらと輝かせます。ダイヤモンドの光沢と純度はハトが飛んでいる時の優雅な姿を際立たせ、ハトが放つまばゆい光を心静かに楽しむことができます。

 
最後のマシンは、マスターの装飾工程を完了し、文字盤の深さをより多くします。刻図紋は非常に難易度が高く、少し油断すると前の心血が灰燼に帰してしまう可能性がありますので、エナメル工程を終えてから機で紋様を彫る作品は非常に珍しいです。機刻図紋の大家は大量の時間をかけて辛抱強く彫刻してこそ、生き生きとしたハトを作ることができます。