1815年のスプリットセカンドウォッチ「フェルディナンドアドルフランゲへのオマージュ」18Kハニーゴールド記念モデル

ランゲ時計工場設立175周年を記念して、A。ランゲ&ソーネはこのスプリットセコンドクロノグラフを特別に発売しました。1815スプリットセカンドウォッチ「フェルディナンドアドルフランゲへのオマージュ」18Kハニーゴールド記念モデルです。 、ブランド独自の「ハニーゴールド」ケースとブラックの文字盤に初めてマッチし、新しい自家製ムーブメントを搭載した、落ち着きのある上品な雰囲気。

 

「1815」シリーズの名前は、ブランド創設者のフェルディナンド・アドルフ・ランゲの誕生年に由来します。この新しい時計は、洗練された複雑な機能と絶妙な動きの修正技術を継続する「フェルディナンド・アドルフ・ランゲへのトリビュート」をテーマにしています。

 

41.2mmのケースは「ハニーゴールド」でできており、18Kゴールドに金属を加え、硬度と耐摩耗性に優れ、温かく柔らかな金色のツヤを醸し出しています。黒の文字盤は対称的なレイアウトを使用しています。分カウンターは12時、小秒は6時です。ローズゴールドとロジウムメッキの手は、黒い背景とはっきりと対照的で、優れた読みやすさを提供します。

 

このクロノグラフの操作は非常に便利です。ケースの2時にボタンを押すと、2つのクロノグラフハンドが同時に起動します。10時にボタンを押すと、スプリットタイムハンドを別々に一時停止し、スプリットタイムを表示して、もう一度押すと、注文されます。ラトラパンテハンドはクロノグラフ秒針と同期しており、スプリットタイミングは何度でも繰り返すことができます。ケースの4時ボタンはゼロリターン機能に使用されます。

 

新しいキャリバーL101.2手巻きムーブメントが装備されており、365パーツで構成され、厚さは約7.4mmです。 A. Lange&Söhneがこれまでに立ち上げた66回目の自作ムーブメントです。スイング周波数は21600vphで、58時間の電力貯蔵が可能です。時計の裏側から、木目調、直木目調、ベベル研磨、手彫りなどが楽しめます。美しくレタッチされたディテール。

 

ランゲブティックのスペシャルエディションには、ダークブラウンのレザーストラップが100個限定で装備されており、公式価格は106万9千元です。